転職までの流れ

転職活動の基本的な進め方をご紹介します。

転職活動の基本的な6ステップ。

わたくしごとをご覧になっているあなた、少なくとも一度は転職について
考えたことがあるのではないでしょうか。
このページでは、転職活動の基本的な6ステップについてご説明します。

ステップ

理由を考える

転職はあなたの人生を左右する大きな決断です。
まずは「なぜ転職するのか?」という理由をはっきりさせましょう。
そうすることで「転職によって得たいもの」がおのずと見えてくるはずです。しっかり優先順位をつけて、大切にしたいあなたの軸を作りましょう。これが後の情報収集や仕事選びに深く関係してきます。

転職先を決める7ポイント

ステップ

情報を集める

企業は社員を募集する際、雇用形態や職種、また予算といったその時の状況に応じて求人メディアを使い分けています。
企業が正社員の募集で活用するメディアの特徴をおおまかにご紹介します。
気になる企業のホームページを閲覧する際は、事業内容もさることながら、経営者の考えや表情にも注目しましょう。
あなたなりの志望動機をしっかりと固めていく段階です。

正社員求人メディアの特徴

求人情報の数

求人情報の量

それぞれの特徴

ハローワーク

無料で求人情報が発信できるため、取り扱う件数は多い。
ただし1社あたりの情報量は少ない。

求人情報誌

アルバイト・パート募集が中心。サービス業や福祉関係については正社員の募集もよく掲載されている。

転職サイト

正社員の募集が中心。1社あたりの情報量は多いが、掲載料が割高なため、地元企業の掲載は少ない。

人材紹介

正社員の募集が中心。人材の紹介料が発生するため、地元企業の取り扱いは少ない。

ステップ

想いに共感する

集めた情報のなかに、心惹かれるものはありましたか?
生活のため、家族のために、給与や休日などの労働条件はしっかり把握しておきましょう。
同時に、正社員として毎日その会社へ通うあなたをイメージしてみてください。
応募先を決めるうえで、経営者の理念やめざす姿といった想いに共感することも大切なポイントになるはずです。
経営者の想いをひとつの指標にしてください。

ステップ

企業に応募する

いよいよ、企業へのアプローチが始まります。
志望動機や自己PRなど、あなただけの志や魅力が伝わる応募書類を作成しましょう。
その企業のどこに惹かれたのか、どんなスキルで貢献するのか、あなたの言葉で語れるまでにしておきましょう。

人事担当者がチェックしているポイント
証明写真

履歴書の中で一番じっくり見られるのが「証明写真」です。人事担当者はあなたが意欲的な人であるかを写真の眼差しや表情から読み取ろうとします。証明写真は「勝負写真」となりますから、体調や天気が良いときにフォトスタジオで撮影してもらいましょう。

文字

文字の美しさではなく、相手の立場に立って読みやすく、丁寧に書かれているかを確認しています。文字の大きさや太さが常識的であるかという視点でもチェックされますので、筆記用具にも気を使ってください。静かな環境で、姿勢を正し集中して制作に取り組みましょう。

貢献度

合否を左右する重要なポイントは、あなたが「会社にとっての即戦力である」ということをアピールできるかです。この会社に入ったらあなたは具体的に何ができて、何をしたいのでしょうか。キャリアやスキルを踏まえながら、志望動機と職務経歴書を書き進めてください。

ステップ

面接を受ける

書類選考を通過したら、面接へと進みます。
まずはその企業の選考手順を事前に把握しておきましょう。面接だけでなく、適性検査や筆記試験の有無などは企業によって異なります。評価の基準はさまざまですが、絶対に必要なのは「清潔感のある身だしなみ」と「社会人としてのマナー」です。意識して選考試験に臨みましょう。

ステップ

円満に退社する

選考試験を合格すると、晴れて入社となります。
しかし忘れてはいけないのが今の職場を「円満退社」することです。取引先への挨拶などを考慮し、時間的余裕を持って退職の意志を伝えましょう。引き継ぎ業務をきちんと終えた後、新しい会社であなたの力を十分に発揮してください。