社長の想い

「歯車」の中・四国リーダー、マルチプレイヤーを目指す。

株式会社 岡田歯車工作所 
代表取締役 岡田 年昭 氏

未踏の分野に挑戦

歯形で動力を伝達する“歯車”。5円硬貨の一部は歯車をモチーフに作られているのをご存知だろうか。歯車は、工業や産業、私たちの身の回りなど、実は幅広い分野・用途で活躍している。株式会社岡田歯車工作所は、1968年に創業。主に農業機械向けの歯車(ギヤ)や軸(シャフト)などを専門に加工する会社だ。

「父親(現会長)が、ブローチ加工や小型歯車を主体として業務を始めたのが会社の生い立ちと聞いています。現在もそうですが、その当時、歯車加工まで踏み込んで行う会社は少なったそうです。と言うのも、加工の難易度が高く、手を出しにくかったからです。設計に長けて歯車の構造を理解できた父親は、“人がやらないことをやりたい”と思い、歯車づくりに挑戦することを決意したそうです」と、岡田年昭社長。

チャレンジスピリットの技術者魂は、50年近く時を経た今も脈々と受け継がれている。

作る前の構想が大事

歯車加工に専念した姿勢は、特化した技術を生み、独自のノウハウを蓄えて実力を発揮し、歯車加工会社としての知名度を上げていく。現在、主要取引先はヤンマーやクボタなど、大手農業機械メーカーが名を連ね、同社に対する信頼は厚い。

「モノづくりの基本はQCD。品質(QUALITY)、価格(Cost)、納期(Delivery/Time)にこだわることです。取引先の成績表で一番評価の高いA判定をいただいています」と、胸を張る。

「歯車の製作で一番難しいのは工程設計。どういう順番に作っていくか。どうやったら不良が出にくいとか。ここを基準にしないといいものができないとか…。加工条件を考慮した工程設計が何よりも大切です。また、工具の手配や選定、専用治具の製作も必要になります。いろいろな角度から考える必要があるので大変ですが、それが歯車づくりの面白さなのかもしれません」。

同社が今手掛けている歯車は、ざっと1,300種類。その一つひとつに知恵と情熱が注がれている。

引き継いだ決断力

入社したのは22歳の時。大学では畑違いの経営学を学んでいたこともあり、4年程、同業の会社に出向して、部品の組立、加工、品質管理まで一通りを勉強させてもらったと言う。「先輩の職人に“おい、そこのスパナを取ってくれ”と言われても、どれだかわからない。そのレベルでした。でも、一生懸命やっていたら何とかなるものです」。

自社に戻った社長は、外の空気を吸って本当に良かったと痛感する。「戻った頃は、歯車の専用加工機がNC化されたぐらいの時でした。出向先でNC機械の段取りをしていましたから、自社ではまだ配備されておらず、かなり遅れていると感じました。早速、導入しましたね」。その後も積極的に最新設備を投入。現在、同社を視察に訪れた見学者が機械の多さに驚くと言う。

2000年には、社長に就任。比較的早い交替だった。「今までで一番大変だったのは、社長就任前の阪神淡路大震災で取引先が倒産してしまった時です。その頃、新しい工場用地を購入する予定があり、契約日に会長が“後は任せた”と…。当然、売上が下がり支払いが増えるので、購入を悩みましたが、これから頑張って仕事を増やせばいいと考えて、買うことに決めました」。父親ゆずりの英断と度量が会社をさらに大きくしていった。

あくまで本業に徹する

2015年5月には、取引先の設備を移管して新しく工場が稼動。「自身、どちらかと言えば安定志向で保守的な性格だと思っています。お客様や従業員に対して責任がありますので、今後も脇目を振らず本業に徹して、次の代にバトンタッチすることが私の役目だと考えています」。

「もちろん、歯車やシャフトの仕事に固執しているわけではありません。今までにもお客様からの要望で減速機や建設機械部品などを作ったこともあります。お互いの条件が合い、私たちの技術が役に立つのであればそういった仕事も行ってきたいです」。

独自の技術へのこだわりと探究心。将来きっと活躍のフィールドを広げているに違いない。

株式会社 岡田歯車工作所